大正製薬の青汁ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン・効果や口コミ評判を検証

コレステロール値が気になる。
大正製薬の大麦若葉青汁(キトサン)を検討しているけど、どうなの?

という方は読んでみてください。

実際に、大正製薬の大麦若葉青汁(キトサン)は、4週間後にコレステロールの低下が実証されているトクホ(特保)の青汁です。

ここからなら、最安値で購入できますよ。↓

公式サイト:大正製薬のトクホの青汁【大正ヘルスマネージ大麦若葉キトサン青汁】

大正製薬の大麦若葉青汁キトサンの効果・3つのポイント

ポイント 1 トクホ(特定保険用食品)認定のキトサンでコレステロールが下がる
ポイント 2 大麦若葉のコレステロールへの働き
ポイント 3 コレステロールに効くキトサンの配合量

1 トクホ(特定保険用食品)認定のキトサンでコレステロールが下がる

特定保健用食品(特保、トクホ)って?
国(消費者庁長官)が、その商品ごとに成分を審査。健康の維持増進に役立ちますよと科学的根拠に基づいて認められた、唯一の健康食品なんです。

では、機能性表示食品って?
企業がこの成分が〜〜に健康的に働きますよって企業側の責任で調査。消費者庁長官へ届け出て、企業側の科学的根拠に基づいてパッケージに表示している健康食品。

国(消費者庁長官)が認めているトクホから選ぶのが1番安全で効果的ですね。

トクホ成分として認められているキトサンは、カニの殻からつくられた植物繊維。

肝臓では、コレステロールを元にして胆汁酸がつくられます。

キトサンは、この胆汁酸を体外に排出します。
結果的にキトサンは、コレステロールを体外に排出するということです。

下のボタンから初回1058円+送料無料のキャンペーン価格で買えます。

大正製薬の大麦若葉青汁キトサンでコレステロールが下がる仕組み

コレステロールから作られる胆汁酸が鍵

肝臓で、コレステロールを元にして胆汁酸がつくられます。

このコレステロールから作られる胆汁酸がコレステロールを下げる鍵なんです。
胆汁酸の腸肝循環
血中コレステロール→肝臓で胆汁酸に変化。
肝臓→胆のう→十二指腸→小腸→肝臓という胆汁酸の循環を腸肝循環と言います。

胆汁酸は小腸から一部は体外に便として排出されますが95%以上が、肝臓に再吸収されます。

小腸で再吸収されずに便として排出される胆汁酸(体内のコレステロールの排出と同意ですね。)の量と、肝臓内でコレステロールから生成される胆汁酸の量はほぼ同じです。

「排出される胆汁酸=生成される胆汁酸の量」ですね。

なので、小腸から排出される胆汁酸の量が増加すると、肝臓内でのコレステロールを使った胆汁酸の生成も増加します。

余分な血中コレステロールを減少させるには、小腸から胆汁酸をたくさん排出すればいいんです。

キトサンの働きの仕組み

では、どうやったら小腸からたくさん胆汁酸(コレステロール)が排出されるのでしょうか?

ここで登場するのがキトサンです。

キトサンが小腸で胆汁酸をからめとって排出します。
結果的に体内の余分なコレステロールが減少。

という仕組みですね。

キトサンが効果的なのは理解できたけど、有効ななかたちでヘルスマネージ大麦若葉青汁にキトサンが入っているのだろうか?

大正製薬の大麦若葉青汁キトサンで実際に、4週間後にコレステロールが低下!

他の青汁と比較
ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン
vs
普通の青汁

を飲み比べた結果の悪玉(LDL)コレステロール値の推移です。
キトサンのコレステロールへの働きの仕組み
図を見ると確実に下がっていますね。
青汁は、そもそも食物繊維が豊富なので、比較した普通の青汁でも下がっていますね。

でも、
「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」のコレステロール低下効果は明らかに大きいです。

なぜかというと1袋あたりに食物繊維が5、9gも入っているから。

いろいろな会社から発売されている有名な青汁と比べても圧倒的な食物繊維の含有量なんですよ。

実際に試してみる価値はじゅうぶんにありそうですよね。

2 大麦若葉のコレステロールへの働き

青汁の主な原料は3つ
大麦若葉
ケール
明日葉

この中でも、とくに大麦若葉はコレステロールにピッタリです。

食物繊維だけではないんですよ。
普段の食事で摂りづらい栄養もたっぷりなんです。

1.SOD酵素
2.葉緑素(クロロフィル)
3.鉄分
4.イソビテキシン

これらの栄養素がとくに大麦若葉に豊富です。

1 SOD酵素

SOD酵素とは非常に強い抗酸化作用をもつ酵素の一種です。

大麦若葉は、とくにSOD酵素を多く含んでいます。
ケール、明日葉と比較して大麦若葉が1番です。

このSOD酵素のためだけに大麦若葉を選んでもよいと言っても過言ではありません。
酸化した悪玉コレステロールが動脈硬化を進行
図のように、活性酸素は悪玉(LDL)コレステロールと結びついて、動脈硬化を進行させます。

コレステロール値が高い方は、SOD酵素を大量に含んでいる大麦若葉がおすすめです。

2 葉緑素(クロロフィル)

デトックス効果(解毒効果)があるとともに、血中の余分なコレステロールを体外に排出する働きがあります。

ケール、明日葉にも含まれていますが、もちろん大麦若葉にもたっぷりと含まれています。

葉緑素は普段食べる野菜の、ほうれん草、小松菜など緑の濃い野菜に多く含まれているので、意識して食べると良いでしょう。

この葉緑素は食物繊維より約5000分の1の小ささなので、食物繊維以上に体の細かいところに入り込み体内にとって不要な物質を取り除きます。

ちなみに、口臭、体臭予防にも効果的です。

3 鉄分


大麦若葉が含む鉄分は、ケール、明日葉と比較して約4倍と圧倒的な量です。

鉄分は貧血予防、歯や骨を丈夫にする働きもありますが、疲労回復にも効果的な成分です。

また、ビタミンCと合わせて摂取すると吸収が促進されます。
大麦若葉に含まれる鉄分はより効果的な形で体内に吸収されますね。

コレステロール値を気にかける方は忙しい毎日の人も多いんではないでしょうか。
貧血に悩んでいる方はもちろんですが、
大麦若葉はコレステロール値を下げながら疲労も回復させてくれます。

4 イソビテキシン

イソビテキシンとは、SOD酵素と同じく抗酸化作用をもつフラボノイドの一種です。
SOD酵素とともに活性酸素を抑制します。

大麦若葉はSOD酵素、イソビテキシンと抗酸化物質を多く含みます。

コレステロール、動脈硬化に対して有効なのはもちろんですが、体をサビから守ってくれるので、アンチエイジングの効果も嬉しいところですね。

これだけ健康的な栄養価の高い大麦若葉。
普段、食事で摂れないので、青汁で摂るのもいいですね。

3 コレステロールに効くキトサンの配合量が類似のものと比較しても多い


類似の商品で安価なものもありますよね。でも成分量をよく比較してみてください。
圧倒的にキトサンの配合量が多かったりと成分が優秀なのが、この「ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン」です。

1日の目安が3袋です。毎日3袋飲むのって結構大変ですよね。
(これって、実際飲み始めてみたら結構大変です汗)

実はですね、同じ1日目安が3袋な安価なものを買ってしまうより少々高くても、成分の配合量が優秀なものを買った方がお得です。

「今日はバランスの良い食事がとれた」という日は1日に2袋とか1袋に調整することもできるので、結局コスパも良いんです。それくらい、入っている成分量は違います。

あくまでも生活習慣の改善が目的。薬ではなく食品です。
無理もなく、コスパも良く生活に取り入れたいですよね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの成分と添加物は?


主原料となる大麦若葉
農薬を一切使わない有機JAS規格を満たした九州産の厳選した大麦若葉です。
これはとても安心ですね。

添加物
・キトサン(トクホ成分)
・抹茶
・還元麦芽糖
・トレハロース
・増粘多糖類
の5つが成分として入っています。
香料、着色料は無添加です。

抹茶とキトサン(カニ由来)以外の気になる成分をざっとですが紹介しますね。

気になるので、電話で問い合わせました。
結果、全て安心安全なものでした。

還元麦芽糖 トウモロコシやサツマイモなどのでんぷんからつくられる、砂糖よりも低カロリーの甘味料です。
血糖値を上げにくいので、糖尿病の食事療法でも使われている甘味料。
トレハロース きのこ類や酵母などに含まれている自然界に存在する糖です。普通に口にすることも多い一般的な糖質です。
増粘多糖類 食感、とろみを調節するために使用されている添加物です。

主に美味しく飲んでもらうための甘味や、とろみの成分が入っているようです。

どれも健康を気遣った成分。
継続して飲まなければ意味がないので、味の調整としての工夫と言えますね。

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン わたしが感じた2つの大きなデメリット

値段が安いとは言えない
病気のことを考えると仕方がないかなと思います。
これを飲んでることによって多少、無理な食生活が続いてもゆとりができます。

例えばどうしても断れない飲み会が続いたり、運動ができないほど忙しい日々が続いたり。
健康的な事もしてるんだぞという気持ちになりますね。

もちろん、実際にはちゃんとした健康的な生活はしなければいけませんが、どうしようもない時はあるもので。

1日3袋の目安が多い。
1日3袋の目安は多いです。これは実際には、結構大変です。

これは大幅なマイナス点という他ありません。
歯磨きと同じように習慣化させてしまえばいいのでしょうがなかなかです。

正直、今日はコレステロールに良い食事がとれたという日は、1袋に入っている成分量は優秀なので1〜2袋とかに減らしても良いです。
あくまでも、食品なので上手に使いましょう。

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン 口コミと評判

満足した口コミ

長年コレステロール値が高めでしたが、これを飲んでぎりぎり正常値に収まるようになりました。安い商品もあるようですがこれは高いだけあって入ってる成分が違いますね。それに味も気に入っています。普段から緑茶好きな人は好きじゃないでしょうか。

定期診断でコレステロール値を指摘され探していたところ、職場の人に勧められてはじめました。初めての青汁でしたが今のところ続けられてます。味は好みです。脂っこいものを食べた後などに丁度いい味です。お通じが良くなりました。

ほとんど普通のお茶のように毎食飲んでいます。美味しいし、続けられそうです。すぐにお湯にも溶けてダマになどなりません。検診結果にも早速効果があらわれて数値は弱冠ですが下がりました。飲んでると生活自体を気を付けるようになるのでオススメです。

朝晩と昼間に飲んで3ヶ月半経ちました。半信半疑でしたが効果ありました。悪玉コレステロール値がなんと174→137に下がりました。もちろん、運動をしたり食事に気を付けたりもしたからだと思いますが。

砂糖を少しいれて氷水で飲んでいます。とても美味しいです。それにプラスして健康にもよいならばすごくいいですね。

まあまあな口コミ

まだまだ継続が足りないので何とも言えませんが、濃い目のお茶ですね。続けられるかは微妙です。

あまり飲みやすいとは言えませんが、お通じが良くなって来ましたし定期診断まで飲もうと思います。

いまいちな口コミ

1日3袋は無理です。無理して飲んでいましたがコレステロール値も思ったほど変化はありませんでした。

トクホは個人差があるのでしょうか。効果は私にはありませんでした。

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの口コミを見て思う事

緑茶が好きな方は普通に美味しく飲める感じですね。
わたしも、わたしの父もお茶が好きなので無理なく飲めました。

コレステロール値は診断でしか分からないですが、まずくて飲めないっていう感じではないです。
食物繊維が多く含まれているので、お通じがよくなったという口コミもありますね。

それと、あまりに早期にコレステロール値への結果が表れたというのは少しあやしいです(笑)
薬では無いので、継続が大事です。

血糖値を下げたいなら、難消化デキストリン

同じ大正製薬のヘルスマネージ青汁シリーズに、血糖値が高い方向けの難消化デキストリンをプラスした青汁があります。

難消化デキストリンは食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。

難消化デキストリンもキトサンと同じ食物繊維。

【では、違いは?】
難消化デキストリンは水に溶けやすい水溶性食物繊維。
腸内でゲル状になって、糖分の吸収を抑えます。
それで、食後の血糖値の上昇を抑えるんです。

キトサンは水に溶けない不溶性食物繊維。
腸内で溶けずに、コレステロールから作られる胆汁酸をからめとって、排出します。
結果的に体内のコレステロールが減少します。

ちなみに、
トクホのコーラとかソーダとかに入っている成分のほとんどは難消化デキストリンです。

難消化デキストリンは粉末でも安価で売っていますよね。

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン まとめ

結論として、コレステロールのことで悩んでいるのならば飲んでみる価値は十分にあります。
コレステロール値を下げるため専用の、本格的な青汁です。

コレステロールを下げたいから青汁を1つだけを選んで。と言われれば「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」を迷わず選びます。
他社の青汁と比較して成分の配合量はかなり優秀です。

また、製薬会社がコレステロール値が下がるとうたっている分、しっかりとした根拠があります。

継続して飲んで生活習慣、体の質から変えてみるのもいいと思います。
食事と一緒に濃いめの緑茶を飲むことを習慣化させる感じです。

ダラダラと脂質異常症の状態が続くようでしたら、次の健康診断まででも試してみて余計な不安を取り去ってしまった方が生活も仕事も充実します。

コレステロール値が気になっていて他の青汁と迷っているのであれば、「大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」で間違いは無いです。

下のボタンから初回1058円+送料無料のキャンペーン価格で買えます。