LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いと仕組み、メカニズム

悪玉コレステロールと善玉コレステロールはよく聞きますよね。LDLコレステロールとHDLコレステロールのことです。

具体的にどのように違うか分かりますか?悪玉も善玉もコレステロール自体は同じ油(脂質)です。では何が違うのか。
ざっくりいうとコレステロールを運ぶ物質が違うのです。

ここでは、このようなコレステロールの仕組みについて紹介します。
「健康診断で数値が気になる、コレステロール値に気を付けなければ」という方は参考にしてください。

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールの違い

なんとなく悪玉コレステロールと善玉コレステロールと呼んでいますが、どちらも体になくてはならない油(脂質)です。
本来は、主に細胞の材料だったり、ホルモンの材料になっています。

体内で必要なコレステロールのほとんどは肝臓でつくられます。
肝臓から、血液を通って全身に運ばれますが、油なので血液に上手く溶け込むことができません。

水の中に油を入れても溶けませんよね。あの感じをイメージしてください。
そこで登場するのがLDLやHDLです。

なぜ悪玉(LDL)コレステロールと呼ばれる?


LDL(たんぱく質の一種)は、コレステロールをすっぽりと包み込みます。
包み込むことによって血液の中をスムーズに移動するのです。
そうして全身の細胞の材料にコレステロールはなるのです。

しかし、残念ながらLDLは片道の切符しか持っていないのです。

多過ぎると血管に残ってしまい血管をふさぐので、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれるようになったのです。

なぜ善玉(HDL)コレステロールと呼ばれる?


LDLは片道の切符しか持っていないと書きましたが、ちゃんと帰りの切符を持ったコレステロールの運搬役がいます。
それが善玉と言われるHDLなんです。HDLもたんぱく質の一種です。

本来は、余ってしまったLDLコレステロールをHDLコレステロールが肝臓まで運んでくれます。
こうしてバランスがとれているのです。

では、何が問題かといえば全身への運搬役のLDLに比べて、肝臓への回収役のHDLが少ないことが問題なのです。
HDLが減少すると、LDLによって運ばれた血液中の余分なコレステロールを回収しきれなくなります。
なのでLDLコレステロール値が正常でも、HDLコレステロール値が低過ぎると基準値を外れてしまうのです。

HDLコレステロールは血液中から血管が詰まる(動脈硬化)原因となる余分なLDLコレステロールを回収してくれるコレステロール。
だから、善玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロールの仕組みとメカニズム

LDLやHDLは、詳しくはリポタンパクというたんぱく質です。
リポタンパク質は外側が水に溶ける成分でできています。(リン脂質や遊離コレステロール,アポリポタンパク質)
そして内側に、コレステロールや中性脂肪など水に溶けない油(脂質)が入っています。こうしてコレステロールはリポたんぱくの一部として、血液を介してからだ中に運ばれるのです。

このリポタンパク質は、粒子の大きさ、比重の違いにより4つに分けられています。

リポタンパク質は4つに分けられる

LDLHDLVLDL キロミクロンの4つです。

LDL(Low Density Lipoprotein)、HDL(High Density Lipoprotein)、VLDL(Very Low Density Lipoprotein)の最後のLはLipoproteinです。

Lipoproteinは日本語にするとリポタンパク質です。

VLDL、LDL、HDLはリポタンパク質の一種

普段から悪玉コレステロール、善玉コレステロールと呼ばれているLDL、HDLはリポタンパク質に含まれるコレステロールのことだったのです。

  • 悪玉と呼ばれるLDLはコレステロールを多く含んだ、密度の低いリポタンパク質のこと
  • 善玉と呼ばれるHDLはコレステロールがあまり含まれず、密度が高いリポタンパク質のこと

ちなみにVLDLとは、肝臓で作られたリポタンパク質で、後にLDLに変化します。
VLDLはLDLよりさらに密度が低い、中性脂肪がまだ含まれている状態のリポタンパク質です。

全身の細胞でVLDLから中性脂肪が先にエネルギーとして使われます。こうしてVLDLから中性脂肪が抜かれ、密度が高くなったリポタンパク質がLDLです。
(VLDL、LDLに含まれる脂質は肝臓内で作られた脂質です。食事から摂取された脂質ではありません。)

キロミクロンは小腸で作られたリポタンパク質で、食事によって摂取された脂質を小腸から全身に運びます。

LDLは血液中を移動し体内のすみずみの細胞まで、必要なコレステロールを運びます。
HDLが、LDLによって全身に運ばれ余ったコレステロールを、肝臓まで回収します。

HDLは回収時に血液中を移動します。血管壁に付着した動脈硬化の原因となる余分なLDLコレステロールを回収してくれるのです。

LDLとHDLのバランスが大事なのは、こういう仕組みからです。このLDLとHDLの仕組みが分かると、より理解が深まりますよね。

ちなみに、肝臓まで回収されたコレステロールの一部は、胆汁酸へと変化します。

からだの中の胆汁酸の量は一定です。胆汁酸が体外に排出されればそれだけ胆汁酸の元となる体内のコレステロール量も減少します。
この胆汁酸を体外に排出するのを促進するのが食物繊維です。

まとめ

コレステロール自体はからだにとって必要不可欠な成分です。

では、なにが問題かといえば、
悪玉と呼ばれているLDLコレステロールの過剰な増加。
善玉と呼ばれているHDLコレステロールの減少。
LDLとHDLの体内でのバランスがとても大事です。

具体的な対策
悪玉(LDL)コレステロールを減らすには、緑黄色野菜が入った野菜の煮物や大豆食品、海藻。日本食がいいです。
善玉(HDL)コレステロールを増やすためには、適度な運動(有酸素運動)が1番です。